space
トップページへ

デジタルカメラを選ぶポイント

カスタム検索

はじめに

デジタルカメラ

ショップには、いろんなタイプのデジタルカメラがところ狭しと並んでいます。デザイン重視のコンパクトカメラから上級者向けハイスペックなデジタルカメラまで、多種多様なデジタルカメラがたくさん販売されています。そのため、いざデジタルカメラを買おうとショップへ足を運んでみたものの、あまりの数の多さに圧倒されて「いったいどのデジタルカメラがいいんだろう?」と困惑される方も多いのではないでしょうか。そこでこのページでは、デジタルカメラを選ぶポイントとなるキーワードをいくつかピックアップして、機能面や性能面からどのようなタイプがいいのか判断できるよう解説していきたいと思います。

デジタルカメラは銀塩カメラ(フィルムカメラ)と比べて「フィルムを必要としない」「現像に出す必要がない」「撮ったその場で画像を確認できる」など、誰でも簡単・手軽に扱える多くのメリットがあります。そのため各社から発売される製品の数がどんどん増えているのが現状です。しかし、これだけ多種多様なデジタルカメラが店頭に並んでいると、いざ「デジタルカメラを買おう!」と思っても「どれにしようか?」と悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。デジタルカメラを選ぶポイントとして一番大切なのは、「どのような使い方をするか」といった目的だと考えています。

ポケットやバッグにカメラをしのばせて、ほんの一瞬を逃さず撮影したいときは、薄型・軽量なコンパクトカメラがいいでしょうし、旅行や運動会などのイベントで記念写真を撮りたいときは、ある程度の光学ズーム機能を備えた機種がいいでしょう。本格的に風景や花などの写真を撮るならば、高性能・高機能なハイスペックカメラが適しています。という具合に使い方によってどのタイプのデジタルカメラを買うかを決めることが一つのステップになります。タイプが決まったならば性能・機能そしてデザインを元に機種を絞っていけばいいのです。

画素数

画素のイメージ

これはレンズが捉えた映像を記録するチップ「CCD」あるいは「CMOS」(フィルムカメラのフィルムに相当します)の性能を表しています。デジタルカメラの写真は、見ためには分かりずらいですが色が割り当てられた小さな点(ドット)の集まりによって作られています。この小さな点一つが「1画素」になるわけで、画素数が多ければ多いほど「より鮮明」に「より大きく」記録することができるのです。ちなみに現在発売されているデジタルカメラの画素数は500万画素前後が主流になっています。普通にスナップ写真として、あるいはメールに添付したりホームページで公開するなどの用途で使用するのであれば500万画素未満で十分ですが、プリントするのであれば500万画素以上ほしいところです。それから、メーカーによって「5メガピクセル」という表現をしている場合があります。これは「500万画素」であることを表していて、「1メガ=100万画素」と覚えていただければ分かりやすいかと思います。

2005.11.18 追記

各メーカーから800万画素のデジカメが販売されていますが、スナップ撮影を主に考えておられる方は500万画素あれば十分です。ちなみに、わたしが愛用しているNikon Coolpix 5700は500万画素ですが、4つ切りワイド(254×366mm)サイズでデジタルプリントしても十分耐えられます。また、画素数が大きくなるにしたがって写真のファイルサイズが大きくなってきます。写真のファイルサイズが大きくなればなるほどデジタル現像に時間がかかるので、高性能・大容量のパソコンが必要になってきます。800万画素以上のデジカメは、本格的な作品作りに適していると言えるでしょう。

▲上へ戻る

ズーム

ズーム

ズームというのは、ちょっと離れた被写体(撮影したい人物や物)を大きく撮影(ズームアップ)したいときに使用します。ズーム処理の方法はデジタルズーム・光学ズームの2種類あるので下にそれぞれについて解説します。ちなみにカタログの仕様欄には「光学3倍・デジタル2倍」などと記載されているのが一般的なのですが、メーカーによっては光学・デジタルを合わせて「6倍ズーム」というように表記している場合があるので注意が必要です。

デジタルズーム

ほとんどのデジタルカメラに搭載されているズーム機能です。名前に「デジタル」とついていることから多少の予想がつくと思いますが、CCDがとらえた映像の一部をデジタル処理にて指定した倍率までサイズを引き延ばしているのがデジタルズームです。このような処理の仕方をしているためドット(画素)の密度が荒くなり、細部まで鮮明に再現できませんし、全体的にも少し雑な感じに仕上がります。

光学ズーム

光学ズームという名前からわかるように、望遠レンズで被写体をとらえ、指定の倍率にズームアップして撮影することができる機能を光学ズームといいます。デジタルズームと違って画像が荒くなることはありませんし、より鮮明・よりリアルな写真を撮影することができます。ところが、光学ズームを大きくすればするほどレンズを通過する光の透過量が低下してしまうため、シャッタースピードが遅くなり手ブレなどの影響が顕著に現れてしまいます。光学ズームで撮影するときは三脚を使用するなどしてカメラの固定に気を使う必要があります。

2005.11.18 追記

現在では手ぶれ補正機能を搭載したデジカメが販売されています。わたしが友人のカメラで試してみたところ、かなりの精度で補正されているようです。メーカーによって方式が異なるので機種ごとに精度が多少変わると思いますが、手ぶれ補正機能はかなり有力な機能であると実感しました。

▲上へ戻る

マクロ

マクロ

マクロ機能を使うと花や虫など小さな被写体にカメラのレンズを近づけて被写体を大きくリアルに撮影することができます。通常は、ある特定の距離以上にレンズを被写体に近づけるとピントが合わず全体的にボケた感じになってしまうのですが、マクロ機能があればグンと近づいて小さな被写体をダイナミックに撮影することができるのです。ただし、どの程度の距離まで近づくことができるのかは機種ごとに異なりますので、カタログやメーカーのホームページに記載されている仕様を確認してください。仕様にはメーカーによってまちまちですが、「マクロ:5cm」あるいは「撮影距離:マクロ0.1m〜∞」という表記が一般的です。

▲上へ戻る

液晶ディスプレイ(液晶モニター)

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイは、写真のできあがりを自分の目で確かめたり、あらゆる設定の状態を確認するために必要なものです。近頃のデジタルカメラは、ほとんどのメーカーが屋外での使用を考慮して「TFT液晶」を採用しているので、とくに強く意識する必要はないと思いますが、念のためカタログ仕様に「TFT液晶」と書かれているかどうかを確認しておけばいいでしょう。また、メーカーによってまちまちですが、仕様に「視野率」が記載されている場合があります。これは、CCDがとらえた映像をどれだけモニターに表示できるかを記しているもので、視野率が100%であれば、CCDがとらえた全ての映像をモニターに表示してくれる、というわけです。もし視野率が90%だったとすれば、CCDがとらえた映像より10%少なく表示されるため、パソコンに取り込んでみるとモニターに写っていなかったものが写真の端に写っていた、というようなことが起こりえるので多少の注意が必要になります。

ほかに、液晶ディスプレイには固定式と可動式があります。固定式は名前のとおりカメラ本体に埋め込まれているのでカメラを普通にかまえたときにしか液晶ディスプレイを見ることができません。それに対して可動式の場合は液晶ディスプレイを回転させたりすることができるので、ローアングルやハイアングル、または自分自身を撮るというように撮影の幅がグンと広がってきます。デジタルカメラの使用用途にあわせて固定式か、可動式かをチェックしておきたいところです。

▲上へ戻る

ファインダー

ファインダー

ファインダーとはカメラのレンズがとらえてる光景をのぞき見る「のぞき窓」のようなものです。ほとんどの機種に液晶ディスプレイが装着されているので、ファインダーをほとんど気にしていない方が多いと思います。わたしの場合、撮影した写真を確認したり、各種設定をいじるときには液晶ディスプレイを、じっさいに撮影するときはファインダーを使う、というように使い分けています。どうしてかというと、被写体にピントが合っているかどうかを確認するときは液晶ディスプレイよりもファインダーの方が分かりやすいからです。ちなみにファインダーにも光学式と液晶式の2種類があります。それぞれの違いについて書いておきます。

光学式ファインダー

これはデジタルカメラのレンズがとらえた光景をデジタル処理せずに、そのままファインダーに写し出してくれるものです。そのため動く被写体を撮影するとき「写したい一瞬」を逃さすことがないというメリットがあります。注意点として、デジタルカメラの設定(ホワイトバランスや鮮やかさなど)はファインダーに反映されないので、色あいや露出の具合などは撮影する前に液晶ディスプレイで確認しておいた方がいいでしょう。

液晶式ファインダー

これはデジタルカメラのCCDがとらえた映像をデジタル処理してファインダーに映し出すものです。ようは、液晶ディスプレイに表示しているものと同じ映像をファインダーにも映し出している、ということがいえます。そのためデジタルカメラの各種設定状態をそのまま反映してくれるので、色あいなどを含めてリアルに映像を確認することができます。注意点としては、デジタル処理しているために時間が若干ズレてしまうことです。たとえば犬があくびしている瞬間をファインダーごしに確認してシャッターを押したとしても、実際に記録されるのはあくびを終えた状態であった、とこのようなことが起こりえます。

▲上へ戻る

バッテリー

バッテリーには専用バッテリーのみ、乾電池のみ、専用バッテリー+乾電池というふうに機種によって3とおりの方式があります。専用バッテリーは、そのデジタルカメラ用に設計されたバッテリーで、乾電池に比べて容量が大きく電池寿命が長いメリットがあります。ですが専用バッテリーのみだと、バッテリーが切れてしまうと充電するまで使えなくなってしまうことになるので、旅行などに持って行くときにはバッテリーチャージャー(充電器)を一緒に持って行った方が無難です。乾電池は専用バッテリーに比べて容量が少ないですが、コンビニなどでも売られているのでバッテリー切れを起こしてもそれほど困ることはないと思います。ただそのつど電池を購入しないといけないので、コスト面を考えるとちょっともったいない気がします。専用バッテリーと乾電池を併用できる機種の場合は、普段は専用バッテリーを使用し、いざバッテリー切れを起こしたときだけ乾電池を買っておぎなう、ということができるのでたいへん魅力的です。ちなみにわたしが使っているデジタルカメラは専用バッテリーしか使えない機種です。バッテリー切れの対策として、予備の専用バッテリーを一つ買い足し、デジタルカメラと一緒に持ち歩くようにしています。

▲上へ戻る

絞り優先モード

絞り優先モードの「絞り」という言葉の意味はこちらの「奥行きの深さを調節しよう!絞り値(F値)」をまずご覧下さい。このページを読んでいただくと、およそ「絞りとはどういうものか」が分かっていただけると思います。もし、絵画のように背景をにじませて被写体を浮き立たせるような写真を撮りたい、あるいは風景を広く深くシャープに撮りたい、そのような写真を撮るには「絞り優先モード」があると非常に便利です。フルオートは完全にカメラまかせとなるため撮影者の意図に沿った写真を撮ることが難しいのに対し、「絞り優先モード」があれば写真の奥行きを自在に調節することができるので、あらゆるシチュエーションに対応することができます。作品づくりとして写真を楽しむのでしたら、ぜひ備えておきたい機能であるといえます。

▲上へ戻る

シャッタースピード優先モード

シャッタースピード優先モードについてはこちらの「写真を動的・静的に表現する決め手!シャッタースピード」をご覧下さい。このページで紹介しているとおり、シャッタースピードは被写体を動的にとらえる際に必要となります。スポーツシーンなどほんの一瞬をバシッととらえたい時はシャッタースピードを早く設定し、渓流など水の流れを柔らかく表現したい時はシャッタースピードを遅くします。このように動いている被写体をどのように表現するかを決めるのがシャッタースピード優先モードです。動的な表現にこだわりたい方にぜひおすすめします。

▲上へ戻る

メニュー

デジカメ関連製品

メインメニュー